七十二侯 第四十二侯 処暑 末侯 禾乃登る


処暑 末侯 ~禾乃登~=こくものみのる
田に稲が実り穂をたらす頃。

侯のことば・・・禾(のぎ)
禾とは稲などの穂先に生えている毛のことです。  
(稲や麦、稗、粟などの穀物の総称として用いられることもあります)
「のぎ」とも「のげ」とも呼ばれ「禾」の字は元々穂を垂らした稲の姿を描いた
象形文字だったようです。

~日本の七十二侯を楽しむ:白井明大著より~

昨日は新しく入ったスタッフの歓迎会でした。
イタリアンで舌づつみheart

 

イタリアンでのお品書き
前菜4種(細かく説明してくださったのにお魚料理の名前を忘れてしまった/(-_-)\)
サバのサラダ
トマトとタコのパスタ

トマトルッコラのピッツァ 
サワラのカツレツ
フルーツたっぷりチーズケーキ
 

 

42処暑末侯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です