七十二侯 第六十六侯 冬至 末侯 ~雪下麦を出だす~


おとみんとぶろぐを読んでくださっている皆さま
もうお正月も5日になってしまいましたが

新春のお慶び申し上げます。
本年もよろしくお願い致します。smiley

さて早速七十二侯のお話しに参りましょう。

 

冬至 末侯 ~雪下麦を出だす~=せつかむぎをいだす
降り積もる雪の下で麦が芽を出す頃

冬至の末侯は新暦の年末年始をまたぎます。

侯のことば・・・正月
旧暦の1月の事を指す場合もありますが今は新暦の1月を指すことのほうが多いですね。

正月とお盆、半年に一度、収穫に感謝し、豊作を願いそして先祖を敬う儀式は
古い時代から行われてきました。
正月にお招きする神様は、田の神様であり、ご先祖様でもあります。
~日本の七十二侯を楽しむ 白井明大著より 引用改変~

年末年始はダーリンと私の実家でそれぞれのおせちやお正月料理を食べたり外食したりと
いつもと違うペースで食事をしていましたが

やっと今日から普通の夕食に戻った感じです。

本日のお品書き
★鮭のクリームソース
★山芋の煮物
★アボカドのサラダ

体調不良とご馳走三昧の狭間でご飯を炊く気にならず・・・
本日はおかずのみです・・・(^_^;)

66冬至末侯
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です