七十二侯 第六十七侯 小寒 初候 ~芹乃栄う~


小寒 初候 ~芹乃栄う~=せりさかう
芹がすくすくと群れ生えてくる頃

三が日が暖かかったので今日の寒さは堪えましたねno
正に寒の入り、昔の人の暦の感覚はするどいenlightened

さて
去年も聞いたと思いますが“春の七草”言えますか?

せり・なずな・ごぎょう(ははこぐさ)・はこべら(はこべ)
ほとけのざ(こおにたびらこ)・すずな(蕪)・すずしろ(大根)

1月7日の人日に今年も健康でありますようにと願って七草粥をいただきます。

七草粥にまつわるお話もう一つ。

“爪切りの日”ってご存知ですか?
新年明けてはじめて爪を切る日が1月7日とされています。
七草粥を作るとき、前日の晩に七草を包丁で叩いて水に浸しておいて7日の朝に粥に入れるのが手順です。
その粥を作る前に七草爪と言って七草を浸した水に爪をつけて柔らかくしてから切ると
その1年間風邪をひかないと言われているんですよsurprise

日本の七十二侯を楽しむ 白井明大著より引用改変

我が家は爪切りはしてませんが朝は七草粥を食べましたheart

 

67小寒初候

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です